試行錯誤の日々

試行錯誤をするということは、生きるということ。

南向き道路に建てた一戸建てのデメリット

南向き道路に建てた一戸建てのデメリット
南向き道路に建てられた一戸建ては、一般的にリビングが南向きで設けられるため、リビングやバルコニー、庭などが道路側からの視線にさらされやすい状況になります。
これによって、プライバシーが損なわれる可能性があります。
また、南側の庭は太陽の影響を多く受けるため、夏は暑く、冬は寒くなりやすいというデメリットもあります。
北向き道路の土地のメリット
北向き道路の土地は、一般的に近隣の南向き道路の土地と比較して安い価格で売られることが多いです。
このため、北向き道路の土地を選ぶことで、通常手の届かないエリアの土地を手に入れることができるだけでなく、建物に充てる予算も確保できるというメリットがあります。
北向き一戸建てのデメリット
一方、北向き道路に建てた一戸建ては、日当たりが悪いことが挙げられます。
特に1階の南側は日中の日射しを遮られるため、暗くなりやすいという点がデメリットとなります。
そのため、明るさを重視する場合は、リビングを2階に配置したり、吹き抜けやトップライトを設けるなどの対策が必要になります。
また、日中でも照明器具を使用する必要があるため、光熱費が高くなる可能性もあります。
そして、庭も日影になる時間が多くなり、湿度が高まるため、コケの生えやすさやカビ臭さといったデメリットもあります。
参考ページ:北 向き 日当たり 戸建てのメリット・デメリットを詳しく解説
南向き道路を選んだ場合の一戸建てのデメリットについて詳しく説明します
南向き道路に建てられた一戸建ては、一般的にリビングが南向きで設けられ、リビングやバルコニー、庭が道路側からの視線にさらされることが多くなります。
これにより、住宅のプライバシーが損なわれる可能性があります。
また、さらに南側の庭は太陽の影響を多く受けるため、夏場は暑くなりやすく、冬場は寒くなりやすいというデメリットもあります。
北向き道路の土地を選ぶメリットについて詳しく説明します
一方、北向き道路の土地は、一般的に近隣の南向き道路の土地に比べて価格が安くなることが多いです。
そのため、北向き道路の土地を選ぶことで、一般的に手の届きにくいエリアの土地を手に入れることができるだけでなく、建物に充てる予算も確保できるというメリットがあります。
北向き一戸建てのデメリットについて詳しく説明します
北向き道路に建てた一戸建ては、日当たりが悪いというデメリットがあります。
特に1階の南側は日中の日射しを遮られるため、暗くなりやすい環境になります。
そのため、明るさを重視する場合には、リビングを2階に配置したり、吹き抜けやトップライトを設けるなどの対策が必要になります。
また、日中でも照明器具を使用する必要があるため、光熱費が高くなる可能性もあります。
さらに、庭も日影になる時間が長くなり、湿度が高まりやすいため、コケが生えやすくなったり、カビ臭さが発生するといったデメリットもあります。

南向き道路に建てた一戸建てのデメリット
Scroll to top