試行錯誤の日々

試行錯誤をするということは、生きるということ。

名古屋の空き地の査定額の相場と影響する要因

名古屋の空き地の査定額の相場と影響する要因
名古屋で所有している空き地を売却する際、不動産の査定額がどのくらいになるのかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。
そこでこの記事では、名古屋市の空き地の査定額の相場や査定額が決まる要素について詳しく説明します。
この情報を参考にしていただき、スムーズな売却をお手伝いできればと思います。
まず、名古屋市の空き地の査定額の相場ですが、2023年時点での相場は、1坪あたり84.5万円、1平方メートルあたり25.6万円となっています。
この価格は、名古屋市内で行われた27,551件の取引額をもとに算出されたもので、2022年と比較して4.4万円上昇しています。
この上昇の要因としては、特に駅から徒歩10分圏内の物件の取引が増加していることが挙げられます。
このため、物件の利便性が高まり、相場の価格が上昇しているのです。
また、名古屋市内の各エリアごとに、土地の査定額の相場に差があります。
最も査定額の相場が高いのは中区で、1坪あたり210万円です。
一方で、最も相場が低いのは港区で、1坪あたり34.5万円となっています。
査定額は、さまざまな要素によって左右されます。
参考ページ:名古屋市空き地の査定額はいくら?相場や売却方法もご紹介
具体的な要素としては、土地の用途や高さなどの公法上の規制、駅からの距離や利便性、土地の広さ、形状、前面道路の幅、角地であるかどうか、道路からの高さ、土壌汚染や埋蔵文化財、地下埋設物の有無、また周辺に存在する嫌悪施設との距離などが挙げられます。
これらの要素は、査定額に影響を与える重要な要素となります。
詳しく解説していきますので、売却を考えている方はぜひ参考にしてください。
土地の規制と法律知識
土地には、建物の用途や高さなどが公法上で規制されています。
土地の査定をする際には、まずこの公法上の規制について調査する必要があります。
しかし、一般の人にとっては法律知識が必要であり、ハードルが高いです。
そのため、専門家に依頼することが一般的な方法です。
駅の距離と利便性
駅からの距離や利便性の良さは、土地の査定において重要な要素です。
駅からの徒歩時間が短いほど、土地の価値は高く査定される傾向にあります。
ただし、30分以上の距離の場合は、その差はあまり大きくありません。
また、近隣にショッピングセンターや市役所などの施設があるかどうかも、土地の価格に影響を及ぼします。

名古屋の空き地の査定額の相場と影響する要因
Scroll to top