試行錯誤の日々

試行錯誤をするということは、生きるということ。

名古屋市名東区不動産売却

名古屋市名東区の特徴と不動産売却に関する情報
名古屋市名東区は、名古屋市の東部に位置しており、面積は19.45平方メートルであり、名古屋市の16区の中では6番目に大きな区です。
名東区は、元々千種区の一部でありましたが、1975年に分区され、比較的新しい区となりました。
この記事では、名東区で不動産を売却する際の情報について詳しく説明します。
なお、不動産とは土地(空き地・空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地など様々な種類が存在します。
まずは、名古屋市名東区の特徴についてご紹介します。
不動産を売却する際には、土地の特徴や歴史、魅力を知ることは重要です。
購入希望者は家や土地を購入しますが、購入した後はそこでの生活を送ることになります。
ですので、不動産を購入する際には、将来の生活イメージを描くためにさまざまな情報を収集しておくことが重要です。
名東区の人口は、2023年10月1日時点で162,307人であり、世帯数は77,325世帯です。
名古屋市の16区の中では、6番目に多い人口を有しています。
1990年には152,519人、2000年には153,103人、2010年には161,012人と、若干ですが増加しています。
2017年には166,131人と最も多くなりましたが、その後は新型コロナウイルスの影響などもあり、人口は減少傾向にあります。
ただし、この人口減少でも不動産の売買には大きな影響は出ていませんので、まだまだ買い手を見つけることは可能です。
また、名東区には古墳時代から江戸時代までに数多くの神社や寺院が建てられています。
そして、名東区には緑豊かな公園や美しい自然環境も広がっており、のどかな風景が魅力です。
さらに、名東区には商業施設や学校、医療機関などの生活に必要な施設も充実しています。
これらの特徴を十分にアピールし、不動産の売却活動を進めることが重要です。
以上が、名古屋市名東区の特徴と不動産売却に関する情報です。
不動産を売却する際には、地域の特徴や市場動向を把握し、効果的な売り出し戦略を立てることが重要です。
ぜひ、この記事を参考にしてください。
名東区の観光地と散歩コース
名東区には魅力的な観光地があります。
中でも特に人気があるのが、貴船神社です。
この神社は縁結びなどにご利益があることで知られており、毎年多くの参拝客が訪れています。
また、高針の丘に位置する蓮教寺も注目されています。
この寺院は名古屋市からまちなみデザイン賞を受賞し、子どもたちが遊ぶ様子から地域に溶け込んでいると評価されています。
参考ページ:名古屋市名東区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名東区では、これらの観光地を巡りながら散策が楽しめるコースも用意されています。
例えば、高針・牧野池コースでは、古い町並みに囲まれた神社や寺院を訪れることができ、広大な牧野池では四季折々の美しい景色を楽しむことができます。
他にも、柴田勝家コースや香流川コースなど、様々なコースがあります。
名東区の歴史や自然を感じながら散策することで、地域の魅力をより深く知ることができます。
名東区の住みやすさ
愛知県では、「住みたい自治体ランキング」という調査が行われており、名古屋市の多くの区が上位にランクインしています。
その中で名東区は第5位に入っています。
名東区の地下鉄東山線「本郷駅」周辺は静かで住みやすいと注目されています。
また、託児所や児童館、学習塾など、子育てをする方にとって便利な施設も充実しています。
名古屋ICからも近く、車での移動もスムーズな立地です。
名東区は名古屋市の東端に位置しているため、少し都会から離れた場所です。
そのため、都会の喧騒から離れて静かな環境で生活したいという方には非常におすすめです。
また、近くには長久手市もあり、万博記念公園などの自然を満喫できる場所に気軽に行くことができます。
名東区は住みやすさだけでなく、周辺の自然環境も楽しめるという口コミも多く寄せられています。

名古屋市名東区不動産売却
Scroll to top