試行錯誤の日々

試行錯誤をするということは、生きるということ。

名古屋市守山区不動産売却

名古屋市守山区の特徴
守山区は、名古屋市の北東部に位置しています。
面積は34.01平方キロメートルで、名古屋市16区の中で2番目に広い区域です。
この地域は丘陵地帯が多いため、瀬戸市との境には「東谷山」という山がそびえ立っています。
東谷山の周辺には「東谷山フルーツパーク」や「愛知県森林公園」があり、豊かな自然環境を満喫することができます。
守山区は自然にあふれた場所であり、不動産売却を考えている方々にとって興味深い情報をお伝えします。
また、不動産と一口に言ってもさまざまな種類があります。
例えば、土地(空き地や空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田んぼや畑といった農地、工場や工場跡地などがあります。
守山区を売却対象とする際には、この記事を参考にしてみてください。
名古屋市守山区の特徴とは
不動産を売却する際には、詳細な情報の収集が重要です。
相場価格の情報だけでなく、その土地の特徴についても購入希望者が求めるものであります。
以下では、名古屋市守山区の特徴について詳しくご紹介いたします。
まずは、守山区の人口について。
2023年10月1日時点での人口は176,854人であり、世帯数は77,229世帯です。
これは2011年以降で2番目に多い数字となっており、人口増加の傾向があることがわかります。
1989年の人口は145,010人、2010年には168,551人であり、現在の176,878人に至るまで、毎年少しずつ増加しているということです。
将来的にも人口は増え続ける見込みであり、そのためにも不動産売却の需要は高まるでしょう。
是非ともこれを参考にして、不動産売却の進行をスムーズにしてください。
また、守山区には戦国時代の城跡、古寺、そして国史跡である古墳群など、歴史的に重要な名所旧跡が数多く存在しています。
守山区の散策コース
守山区では、この貴重な歴史遺産を後世に伝えるため、様々な需要に応じた6つの散策コースを提供しています。
これらのコースを利用することで、守山区の歴史を楽しむことができます。
例えば、「城跡と寺社巡り」コースでは、散策の出発点として「宝勝寺」を訪れ、その後「守山城跡」へ進みます。
途中では、「瓢箪山古墳」や「小幡城跡」を巡ることもできます。
さらに、すいどうみち緑道を通りながら歩くこともできます。
また、「歴史の里巡り」コースでは、志段味古墳群を順に巡るルートが提供されています。
これらの古墳群は完全な形で保存されており、特に「東谷山白鳥古墳」は見どころの一つです。
守山区の散策コースは、歴史好きな人から家族連れまで、様々な人々に楽しんでもらえるように設計されています。
参考ページ:名古屋市守山区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
守山区の住みやすさ
守山区では、名古屋鉄道瀬戸線の「小幡駅」周辺は長い歴史を持つ住宅地ですが、最近では新築の一戸建てやファミリー向けマンションも増加しています。
この地域は非常に多様な人々が住んでいて、子育て世代から高齢者まで幅広い層が存在しています。
治安については心配する必要はありません。
「小幡駅」には北口と南口の2つがあります。
北口周辺には瀬戸街道や県道15号線が通っており、カフェやファミリーレストラン、コンビニ、ドラッグストアなどが点在しています。
南口から歩いて10分ほどの距離には千代田街道が東西に走っており、こちらにも飲食店、コンビニ、ドラッグストアなどがあります。
また、JR中央本線の駅もあり、「新守山」駅からは名古屋駅まで約16分でアクセスできますし、「金山」駅までの所要時間は約11分です。
このように、守山区は交通の利便性が高く、JR中央本線や名鉄瀬戸線を利用することで名古屋や栄へのアクセスが便利です。
住みやすい環境が整っている地域と言えるでしょう。

名古屋市守山区不動産売却
Scroll to top