試行錯誤の日々

試行錯誤をするということは、生きるということ。

名古屋市昭和区不動産売却

名古屋市昭和区の特徴と不動産市場
名古屋市昭和区の不動産を売りたいと考えている方は、どのように進めれば良いのか迷われることもあるでしょう。
不動産の売却は、多くの人にとっては経験の少ないことであり、遺産相続や引っ越しの際に急いで行うこともあります。
この記事では、名古屋市昭和区における不動産の売却手順や相場、地域特性、売却時の注意点などを詳しくご紹介します。
まず、不動産と一口に言ってもさまざまな種類があります。
例えば土地(空き地・空き家)、中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地などがあります。
名古屋市昭和区は、新築マンションの建設が進んでいる住宅街で、人口密度も高いエリアです。
交通の便も良く、地下鉄などのアクセスが便利ですので、駅近の物件は高値がつく可能性もあります。
不動産をより高く売却するためにも、昭和区の情報を事前に確認しておくことが重要です。
名古屋市昭和区の地域特性を見ていきましょう。
昭和区には約11万人の人口がおり、増加傾向にある地域です。
2023年10月1日現在での人口は108,361人、世帯数は56,189世帯です。
名古屋市16区の中でも人口密度が高く(1位:中区、2位:東区)、住宅街として人気があります。
区名の「昭和」は元号に由来し、市民の間で発生するトラブルを中立的に解決してほしいという願いが込められています。
昭和区は教育にも力を入れており、大学のキャンパスや私立小学校などが多く集まっています。
また、名古屋大学医学部附属病院や名古屋第二赤十字病院などの病院もあり、安心して生活できるエリアとなっています。
以上が名古屋市昭和区の特徴と不動産市場についての情報です。
不動産を売却する際には、地域の特性や相場を把握することが重要です。
売主として、昭和区の情報をしっかりと確認して、不動産を最大限に評価していきましょう。
名古屋市昭和区の不動産の相場
名古屋市昭和区では、2004年に開通した名城線の地下鉄を利用することで、交通アクセスが大幅に改善されました。
この交通の便の向上により、新築マンションの建築や中古マンションの売買も盛んに行われるようになりました。
特に、地下鉄では鶴舞線・桜通線・名城線が走っており、幅広い世代が快適に過ごせるエリアとして人気を集めています。
ご年配の方から学生まで、さまざまな世代におすすめの場所です。
参考ページ:名古屋市昭和区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
昭和区の不動産相場の把握
昭和区で不動産を売却する際には、相場を把握することが重要です。
適正価格で自身の不動産を売却するためにも、相場を知っておくことは欠かせません。
また、昭和区の特徴を理解しておくことで、売却において交渉の有利な立場に立つことも可能です。
昭和区の売却動向と売却相場
昭和区の中古マンションの売却相場は、2019年の取引価格データによると、約3,200万円から約5,500万円の範囲となっています。
一方、一戸建て物件の売却相場は約3,700万円から約5,800万円となっており、一戸建て物件のほうが相場はやや高めです。
駅に近い物件は人気があり、需要も高い傾向にあります。
特に、徒歩15分圏内であれば需要が一層高まり、取引も活発に行われています。
一方で、徒歩20分を超えてしまうと需要が低下し、高値での売却が難しくなることがあります。

名古屋市昭和区不動産売却
Scroll to top