試行錯誤の日々

試行錯誤をするということは、生きるということ。

固定資産税の減税制度における条件

固定資産税の減税制度における条件
固定資産税の減税を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。
1. 住宅用地の特例:住宅地に建てられた土地は、住宅用地の特例を利用することができます。
その土地の面積に応じて、固定資産税の減税幅が定められています。
ただし、専用住宅ではなく店舗併用住宅の場合、店舗の規模によって固定資産税の減税幅が変動します。
しかし、店舗併用住宅においても、一部を住宅として利用している場合には、住宅用地の特例を適用することができます。
2. 売却・譲渡を機に減税:固定資産を売却または譲渡する際には、税金の支払いを軽減するために、固定資産税の減税制度が適用されることがあります。
ただし、具体的な条件は自治体によって異なるため、事前に確認が必要です。
3. 10年を経過すると減税:固定資産を所有してから10年を経過すると、固定資産税の減税の対象となることがあります。
これは「固定資産税の軽減特例」と呼ばれる制度であり、長期間にわたり所有している場合に利益を享受することができます。
4. 固定資産の改築や補修による減税:固定資産を改築や補修した場合、固定資産税の減税が認められることがあります。
参考ページ:不動産購入 税金 固定資産税に節税方法はある?免除・減税になる条件とその方法!
具体的な減税額や条件は自治体によって異なるため、事前に詳細を確認する必要があります。
以上が、固定資産税の減税制度における条件であり、これらの条件を満たせば、固定資産税の負担を軽減することができます。
住宅の改築や補修に関して自治体の減税制度を利用する際には、市町村役場などへ相談することが重要です。

固定資産税の減税制度における条件
Scroll to top