試行錯誤の日々

試行錯誤をするということは、生きるということ。

固定資産税路線価とは

固定資産税路線価とは
固定資産税路線価とは、固定資産税の評価額を算出するのに使われる数字のことです。
固定資産税を計算するためには、固定資産税路線価を利用します。
固定資産税路線価は、公示価格の70%という評価基準に基づいて計算されます。
地域の市町村(東京都の場合は区)は、3年に1度の頻度で固定資産税路線価を公表しています。
この固定資産税路線価は、納税者が固定資産税を支払うための基準となり、他の税金(不動産取得税や登録免許税、都市計画税など)を計算する際にも使用されます。
固定資産税路線価と相続税路線価の違い
「路線価」と聞くと、一般的には相続税路線価を想像する人が多いかもしれません。
しかし、固定資産税路線価と相続税路線価は、異なる数字です。
相続税路線価は、相続税を計算する際に必要な数字であり、その金額自体も固定資産税路線価とは異なります。
相続税路線価を目安にする場合、公示価格の80%を参考にします。
一方、固定資産税路線価の目安は公示価格の70%です。
この2つの数字は算出基準が異なるため、固定資産税路線価を調べる際には相続税とは別の視点で考える必要があります。
参考ページ:不動産購入後の固定資産税路線価の調べ方や相続税路線価との違いについて解説!
固定資産税路線価の調べ方
固定資産税路線価は市町村(東京都の場合は23区)によって算出されます。
実際には、固定資産税路線価だけでなく、他のさまざまな数字も土地の価格を表すために使用されます。
これらの数字には、公示価格、実勢価格(時価相場)、都道府県地価調査価格などがありますが、それぞれが異なる価格を示しています。
固定資産税路線価を調べる方法としては、一般財団法人資産評価システム研究センターが提供している全国地価マップを利用することができます。
以下では、この全国地価マップを使った固定資産税路線価の調べ方を紹介します。

固定資産税路線価とは
Scroll to top