試行錯誤の日々

試行錯誤をするということは、生きるということ。

天井の汚れ

タバコの臭いやヤニは、車の天井にも付着してしまいます。
天井の掃除は、個人でも自分で行うことは可能ですが、車のサイズによってはつらい体勢を強いられることや手間のかかる作業です。
それに加えて、車内の臭い対策も兼ねて、専門の業者に依頼することも検討してみましょう。
ただし、費用の目安は8,000円からとなります。
もし自分で車内のクリーニングを行いたい場合は、以下のポイントに気をつけると良いでしょう。
まず、定期的に簡単な清掃を行うことで、大きな汚れを防ぐことができます。
そのため、大規模な清掃が必要なくなる可能性があります。
具体的なクリーニングのポイントについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。
まず、必要な道具ですが、車内の清掃には以下のようなものがオーソドックスです。
自宅にある道具でも十分に車内の清掃は可能です。
1. ダストクロス:埃やホコリを拭き取る際に使用します。
2. ガラス拭き用の布:ガラス面をピカピカにするために使用します。
3. 掃除機:車内の床やシート、カーペットなどの汚れを吸い取るために使用します。
4. ステインリムーバー:しつこい汚れやシミを落とすための専用クリーナーです。
5. インテリア用クリーナー:シートや内装のクリーニングに使用します。
これらの道具を使って、車内の清掃を行っていきます。
まずはダストクロスで埃やホコリを拭き取り、掃除機で床やシート、カーペットなどをきれいに吸い取ります。
また、ガラス拭き用の布でガラス面を拭き、シートや内装に付着した汚れやシミをステインリムーバーを使って落としていきます。
最後に、インテリア用クリーナーを使ってシートや内装の清掃を行うと完了です。
これらのポイントに気をつけながら、定期的に車内の清掃を行うことで、快適な車内環境を保つことができます。
ただし、時間や手間がかかる場合や、効果が十分でない場合は、専門の業者に依頼することも一考です。

天井の汚れ
Scroll to top