試行錯誤の日々

試行錯誤をするということは、生きるということ。

車を売る時は名義人を確認しよう

車を売却する際は、まず所有者が本人であることが基本となります。
ただし、車によっては家族名義やディーラーや信販会社名義の場合もあります。
ですから、車を売る際にはまず名義人を確認することがスムーズです。
もし所有者が自分ではない場合は、名義変更が必要になります。
自動車ローンが組まれていて、名義人がディーラーや信販会社である場合は、まずはローンの完済を目指すことが重要です。
その上で売却手続きを行うようにしましょう。
また、車の査定を受ける前には、車の状態を事前にチェックしておくことも重要です。
特に車内の汚れや臭いには注意が必要です。
車の査定は人間が行うため、査定士に良い印象を持ってもらうことが重要です。
車内が汚れている場合、査定額にマイナスの影響を与えてしまうでしょう。
ですから、査定前には車内をきれいに清掃し、臭いも取り除いておくようにしましょう。

車を売る時は名義人を確認しよう
Scroll to top